強いモチベーションを武器にして!

【試験勉強の前に自分へ問いかけてみる】
『毎日地道に予定の学習を続ければ、必ず合格できるはず』とは言っても、難しいのがその『学習を地道に続ける』こと。これは、ノウハウの問題ではなく、なぜ・どうして【行政書士】を目指すのか、というモチベーションの強さに大きく影響されると思います。モチベーションを強くする方法というのは無いと思いますが、試験勉強をはじめる前に一度しっかりと自分に問いかけてみることが必要だと思います。

【切羽詰まった気持ちもエネルギーに】
私の場合は、契約社員という将来展望の見えない状態を何とか安定させたかったこと。そして、子供が生まれたことによって生まれた責任感。さらに言えば、少しでも社会の役に立っているという実感が持てる仕事に就きたいという思いがありました。特にいわゆる負け組という言葉が話題になり出した頃だったので、その状態を何とかして解消したいという、そんな切羽詰まった気持ちが逆にエネルギーになりました。

【未来像を描いてモチベーションを強化する】
気軽な気持ちではじめても上手くいく資格というのもあるのかもしれませんが、恐らく【行政書士】の試験は、そんなに甘くはありません。【行政書士】の仕事内容や働き方については、インターネット上の多くのサイトで紹介されています。少しでも多くの情報に触れ、自分のやりたい仕事や【行政書士】としての未来像についてイメージを膨らませることは、自分のモチベーションの強化に役立つはずです。

【モチベーションを確かな原動力として】
【行政書士】として働いている自分が上手くイメージできない人は、途中で挫折してしまう可能性が高いように思います。自分がなぜ【行政書士】を目指すのか、試験準備をする前にもう一度じっくりと考えてみましょう。自分のモチベーションの強さが確認できた人は、そのモチベーションを確かな原動力として忘れないようにしましょう。目標達成のためのモチベーションは、多ければ多いほど効果的だと思います。次ページのコンテンツでは、どのように試験準備をすれば良いのか、考えていきます。