行政書士の試験、合格と不合格のシビアな分かれ目

【行政書士は合格基準を超えれば、それでハッピーエンド】
行政書士の試験は、満点を狙う必要は全然ありません。
合格基準が取り入れられていますから、その基準を少しでも超えれば、その時点で合格になるわけです。
ガリ勉形式の受験勉強は、あまり意味がないと思ったほうがいいでしょう。その方が、肩から余分な力が抜けて気分が楽になるはず。

【合格基準は、総得点と科目別の得点】
行政書士の合格基準は、基本的には次の通りです。
法令科目:全244点中122点の正解
一般知識科目:全56点中24点の正解
総得点:全300点中180点の正解
これらの3条件は、必ず両立させないといけません。3ついずれでも50~60%の正解率をマークしないといけないのです。

問題数を比べると、法令科目と一般知識科目では、前者が後者の4倍以上あります。したがって、受験者はつい法令科目に気を取られてしまう傾向があります。法令科目は実際に、勉強をやってみるとヴォリュームが信じられないくらいありますから、法令科目の克服に夢中になってしまうのも仕方ないのですが、一般知識科目も忘れずにやらないといけません。
しかし毎年、一般知識科目で点を落として不合格になるという失敗談は(数は少ないかもしれませんが)聞こえてきます。

【行政書士試験は、全科目手店を取らないと不合格に】
いずれにしても、行政書士の受験者はすべての科目に対して、バランスの良い勉強をすることが要求されています。その点はこれからも永久に変わらないでしょう。

とはいえ、絶対に例外的な措置が入らないわけではありません。平成26年の試験では、総得点による合格基準が180点から166点に下げられるという異例の措置が実施されました。これは奇跡に近いことだと解釈することが妥当でしょう。