行政書士の勉強がはじまったら、毎日テキストとにらめっこすることになるはずです

そんなわけですから、行政書士のテキストでハズレを引いてしまったら、おそらく試験勉強生活は破綻するのではないでしょうか。
ハズレを引かないように、テキスト選びはくれぐれも難なく乗り切りたいですね。

【行政書士のテキスト、わかりやすさを究める】
行政書士のテキストはなんといってもわかりやすさが第一。読みやすい文章で書かれていないと使えません。
確認事項はまだあります。文字以外の情報もたくさんないと、わかりやすさは不足します。
挿絵や図表が各所に散見されるテキストのほうが絶対に使いやすいです。

※少し追加の情報を出しましょうか? テキストの「色」も大切です! 白黒のテキストよりは二色刷りのテキストのほうがいいですし、3色以上の派手な色で装丁されたテキストはもっといいです。カラフルなほうがどこが大事なのかわかって楽ですから。

【行政書士のテキスト、持ち運びやすさを究める】
行政書士のテキストは、自宅でばかり使うのではおそらく効果が出ません。外出中も、暇ができたらすぐに勉強するつもりでいたほうが、合格できます。
そんなわけで、持ち運べないテキスト(重くて分厚い)では邪魔になってしまいます。分冊されていることは必須ですし、1冊が軽くて薄いことも大事。

【行政書士のテキスト、メモのしやすさを究める】
気になったところに気軽に書き込めるテキストのほうが何かと便利です。余白がじゅうぶんにあるなら、その点では全然困らないはず。余白が少ないと読んでいるときにだんだん目が疲れてきます。