【行政書士】試験に1発合格したいなら独学はNG!

【働きながら独学での合格は、ほぼ不可能】
確かに独学で【行政書士】試験にのぞみ、見事に合格した方もいるとは思います。でも、それは圧倒的なレアケース。法律をしっかり学んだ経験がある方など、特別な人達だと考えるべきです。出題範囲が広いので、特に30代以上の方にとっては、やみくもに全ての知識を暗記して詰め込むのには無理がありますし、かといってどこを集中的に学べば良いのかなど、見当もつかないはずです。

【試験のプロの力を活用するべき】
必要最低限の知識を正しく整理・選択し、その上で効率良く集中して憶えていくことができなければ、一発合格などありえません。確実に合格するためには、【行政書士】試験のプロの力を活用するべきです。そこで、資格スクールか通信教育か。すでに検討中の方もいらっしゃるかと思います。私は、働きながら学ばなければならない社会人の方には、絶対的に通信教育をお奨めします。

【絶対的に通信教育をお奨め】
資格スクールに通学して授業を受講した方が、一見メリットは多そうですが、実際的には通信教育でも全く遜色がありません。確かにその場で質問できることや、現実の講師から講義を聞く方が情報量は多い気がしますが、通信教育でもDVDなどのメディアを活用したバーチャル授業がありますし、若干のタイムラグがあるにせよ、質問も可能です。何より、ひとりで好きな時に好きな場所で勉強できるので、混雑した大講堂で行われる人気講師の授業よりも集中できます。

【受講料の安さも大きな魅力】
さらに通信教育の一番のメリットは、受講料の安さですね。私が利用した【行政書士】など国家資格受験の通信教育専門学校【フォーサイト】の場合、DVDメディアやインターネット、携帯電話なども活用可能な基本的なコースで、受講料は7万円以下! 実績のある通信教育専門学校ならではの優れた教材で自分のペースで学ぶことができ、その上コストは半額程度。これはもう、通信教育を選択しない手はありません。

『通学』と『通信教育』の専門教育機関の比較

『私が受講した通信教育専門学校【フォーサイト】と、一般的な資格スクールへの通学のイメージを比較してみました。』

■授業
・『通学』・・・○
優れた講師であれば、話もおもしろく、授業に引き込まれやすく、記憶に定着しやすい。デメリットとしては、人気講師ほど大教室での授業となるので集中しにくい場合がある。
・『通信教育』(フォーサイト)・・・○
DVDやインターネットなどによって、実績豊富な人気講師の授業も受講でき、しかも自分の好きな時間・場所で学べるので一人で集中できる。

■教科書
・『通学』・・・△
実績のある学校であれば、さまざまなノウハウや出題頻度の高いポイントなどがわかりやすく整理されているとは思うが、講師が授業で補完する前提で作られているため、恐らく一人で学習して理解できる内容になっていないのではないか。
・『通信教育』(フォーサイト)・・・○
受講生が一人で学習を進めやすいように工夫して制作されているため、大変わかりやすく、情報量も絞り込まれているので効率的。

■費用
・『通学』・・・×
授業の取り方のバリエーションなど、安くおさめることができる場合もありますが、初めての受験の場合のパック料金は、10万円以下のケースはほとんどありません。通学のための交通費もかかります。
・『通信教育』(フォーサイト)・・・○
初めての受験のためのパック料金でも、7万円でおつりがきます。