行政書士の受験中に、過去問題集には朝から晩までお世話になります

これは、大げさに書いているわけではありません。本当に過去問を毎日引っ張り出して解いたり読んだりしないと、行政書士の合格は遠のいてしまいますから。

【過去問は、試験問題攻略のヒントがいっぱい】
行政書士の試験問題は、毎年少しずつ変わります。問題そのものはもちろん、必ず変わるわけで、前年やその前の問題がそのまま出てしまうことは絶対にありえないですが。
ここで大事なことは、前年までと変わらない部分がけっこう残っているという事実。過去問をやっていると、だんだんとその点を把握できるようになります。

【過去問とテキストは、どんどん往復すべし】
さすがに過去問ばかりをやりまくることは、バランスが良い勉強方法ではありません。テキストと過去問を交互にやっていくと、知識をどんどん吸収した上で問題を解ける状態になります。過去問でわからないことがあったあとにテキストに戻ることで、知らなかったことを再発見する機会にもなるので、一石二鳥の勉強方法になります。

【過去問は慣れてきたら、時間を決めてやることも重要】
これは、本番の行政書士試験の予行練習になります。実際の試験は驚くほど短くて、あっという間に終わってしまいます。それだけ問題数が多すぎるからですが。
迷っている暇はありませんから、各問題を最短時間で解くようにしないと合格は絶対に無理。受験勉強中から予行練習をしたほうが、試験の日に問題を解き終わらなくて後悔するなんてことを予防できます。